屏風ヶ浦

銚子ジオ散歩(259)香取層基底礫層

 香取層基底礫層

図1 観察場所の位置
259-1

図2 観察場所 崖上部の黄褐色部が香取層。
259-2

図3 香取層基底付近
259-3

図4 基底付近拡大
259-4

図5 香取層基底付近
259-5

図6 基底付近拡大
259-6

図7 香取層基底付近からの転石 逆さまの状態で下に香取層がある。
259-7

図8 拡大図1
259-8

図9 拡大図2
259-9

図10 拡大図3 飯岡石表面の凹凸は生痕。
259-10


図11 <参考> 穿孔貝の生痕のある転石
 犬吠層群上面には穿孔貝生痕のみられる場合もある。
259-11

図12 穿孔貝生痕の拡大
259-12



銚子ジオ散歩(250)犬若不整合(仮称)と黒滝不整合②

 黒滝不整合
図1 
250-1

図2 撮影位置
250-2

図3 露頭の遠望
250-3

図4 上総層群と基盤の三浦層群
250-4

図5 露頭の全景
250-5

図6 東側からの観察
250-6

図7 北東側からの観察
250-7

図8 上総層群基底 礫岩~砂岩から成る。
250-8

図9 不整合面はどこ?
250-9

図10 上総層群基底の礫岩の転石
250-10

銚子ジオ散歩(244)続_名洗層のノジュール

 続_名洗層のノジュール
 

図1 観察場所の位置
244-1a

図2 観察場所
244-2a

図3 観察場所
244-3

図4 板状ノジュールの産状(1)
244-4

図5 板状ノジュールの産状(横方向の観察)
 
ノジュールの厚さは7㎝前後。転石ではない。
244-5

図6 棒状ノジュール転石
 
平行な節理に沿って割れ、棒状の転石になったと考えられる。
244-6

図7 板状ノジュール転石
 
板状ノジュール転石は節理のない部分に由来すると考えれる。
244-7

図8 板状ノジュールの産状(2)
 
板状ジュール(1)に似るが、砂に埋もれていて詳細は不明。
244-8

図9 由来不明のノジュール転石
 
膨らみのある泥岩のノジュールで、小浜層や名洗層のノジュール(板状、
 円盤状、棒状など)とは形状が異なる。
244-9

図10 由来不明のノジュール転石(今回の観察場所から約800m西の
 大谷津切通付近)
 
観察場所の近くには、このようなノジュール転石が散在する。
244-10
プロフィール

choshi_geopark2

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ