崖錐の変化(台風の影響による)

図1 観察場所の位置(銚子市小浜町)
 ここは消波堤がないので、波が直接崖に当たる。
265-1

図2 観察場所
265-2a


図3 崖錐の浸食
 波が右から進入し、ストームベンチを洗うように崖錐を浸食する。
 9月から10月の荒天により、崖錐の末端が浸食された。
 (上が変化前で下が変化後)
265-3

図4 崖錐の浸食(東からの観察 上が変化前で下が変化後)
265-7
265-8

図5 浸食された崖錐(変化後)
265-9

図6 転石の擦痕
 ストームベンチ上を転石が移動するときにできた擦痕
265-10

図7 崖錐の成長と浸食

265-4
265-5
265-6