◆ アーチ状崩落(上)
                                            
▼ 図1.観察場所の位置

                                                 
「アーチ状崩落」については図12参照
銚子ジオ散歩198図①
< 図1.観察場所の位置 
 
▼ 図2.A地点 (2018年6月)
                      荒天時に海水が崖基部まで達するが、海食は殆どない。

                    この辺りは犬吠層群 春日層の砂泥互層から成る。

銚子ジオ散歩198図②
                           図2.A地点 > 
 
▼  図3.A地点での崩落の進行
                         【凡例】 
黄点線:アーチ状崩落。
                         白点線:観察期間中に特に変化した箇所。
                           赤点線:今後、変化が予想される箇所。                    ①2014年8月
銚子ジオ散歩198図③上
                           < 図3-1.A地点での崩落の進行_①2014年8月
 

     
②2018年6月
  
銚子ジオ散歩198図③下
                          < 図3-2.A地点での崩落の進行_②2018年6月
 

▼  図4.B地点付近の全景
                            この付近は犬吠層群小浜層の泥岩から成る    
銚子ジオ散歩198図④
< 図4.B地点付近全景  

▼  図5.B地点 (2018年3月)
                                            
銚子ジオ散歩198図⑤
< 図5.B地点 


▼  図6.B地点の拡大
                    二方向の節理と多くの火山灰層(横方向の筋)に沿って
                 崩落が起きている。
              
銚子ジオ散歩198図⑥
< 図6.B地点の拡大 


  文責&画像提供 : 伊藤 修二

  編集&ブログ登録 : 銚子ジオパーク市民の会 HP&ブログ担当(伊藤 小糸)