◆ 畳岩の観察④崩落(西端と東端)(上)
                                            
▼ 図1.畳岩西端

                                                      
銚子ジオ散歩196図①
< 図1.畳岩西端 
 
▼ 図2.西側岩体(1)

銚子ジオ散歩196図②
                        図2.西側岩体(1) > 
 
▼  図3.西側岩体(2)                                
              畳岩本体の斜面は、西側岩体に段差もなく連続するので、
                 かつて両者は一続きであったが、節理等の弱線に沿って浸食
                 されたために分離したと考えられる。
銚子ジオ散歩196図③
                                              < 図3.西側岩体(2)
 

▼  図4.節理に沿った崩落(1)
                           
銚子ジオ散歩196図④
< 4.
節理に沿った崩落(1)
 

▼  図5.節理に沿った崩落(2)
                           
銚子ジオ散歩196図⑤
< 図5.
節理に沿った崩落(2)
 

▼  図6.節理に沿った崩落(3)
                           
銚子ジオ散歩196図⑥
< 図6.
節理に沿った崩落(3)
 


  文責&画像提供 : 伊藤 修二

  編集&ブログ登録 : 銚子ジオパーク市民の会 HP&ブログ担当(伊藤 小糸)