銚子ジオ散歩(番外)「磯見川の泥炭」への質問と回答

 『銚子ジオ散歩(9)磯見川の泥炭』の中で、磯見川の泥炭の記述について、「”見事な泥炭”の”見事”とはどういう意味か?」というご質問を頂戴しました。説明が不十分な部分がありましたので、以下に補足します。
 
「泥炭」と「腐植」の違い

 まず、「泥炭」と「腐植」の違いについて、個人的な理解を説明します。
 
 植物が湿地に堆積し、微生物の活動が不活発な嫌気性の環境下で、あまり分解されずに残ったものが泥炭で、植物繊維が残っています。ですから、泥炭は高緯度地方や高山で形成されやすいことになります。もちろん、条件がそろえば、温暖地でも形成されます(堆積速度>分解速度のとき)。
 それに対し、腐植は、植物が微生物によって分解され、複雑な有機物に変化したもので、植物繊維は残っていません。以前、園芸用の腐葉土を数年間使わずに放置したら、葉が分解されて粉末状になっていました。これは、微生物の働きで植物繊維が分解したためと考えられます。
 
 このように、個人的には、「泥炭」と「腐植」は植物繊維の有無で判断しています。両者の中間的なものもあります。
 
◆ 「見事」の意味

 次に、「見事」の意味を説明します。比較のために、磯見川と大谷津の露頭の写真を示します。

▼ 図1・図2 磯見川の露頭

●  植物繊維が残っている。
●  波によって削られるので、新鮮な面が露出している。
●  鉛直断面と水平断面が出ていて、観察しやすい。
 
磯見川の露頭1
< 図1.水平断面の露頭_磯見川1 > 
 
磯見川の露頭2
< 図2.鉛直断面の露頭_磯見川2 >
 
▼ 図3 大谷津の露頭
 
●  殆ど腐植である。少し泥炭質の部分もある。
●  露頭の表面はやや風化し、崩落土や植物で被われている。

大谷津の露頭
< 図3.腐植の中に、一部、泥炭質が混じる露頭_大谷津 >
 
 これらの違いに加え、銚子ジオパークでは、腐植は台地のどこでも観察できますが、泥炭は磯見川だけのようです(利根川沿いには泥炭があるかも知れません)。
 以上のようなことから、磯見川の泥炭は「見事」と表現した訳です。
 

銚子ジオ散歩(9)磯見川の泥炭

▼ 見学の注意

 磯見川(屛風ヶ浦の南西端に位置する刑部岬の、やや手前)の河口には、車数台分の駐車スペースはありますが、その入り口は狭く、普通乗用車がぎりぎり通れるくらいの幅です。

▼ 露頭の位置
 
New磯見川の泥炭1
< 図1.露頭の位置_Google 航空写真 >

▼ 泥炭層の観察
 
New磯見川の泥炭2
 < 図2露頭の傍に近づく >

▼ 見事な泥炭
 
New磯見川の泥炭3
 
< 図3見事な泥炭 >
 
【注意事項】 
ここは屛風ヶ浦の先端部に近いので、
訪問される方は、
高波に注意が必要です。
        足元も滑りやすいので、基本的には、野外活動に習熟した方とご一緒して下さい。 
 

銚子ジオ散歩(8)屏風ヶ浦の崩落のいろいろ_2.崩落のまとめ

 崩落のまとめ
 
 個人的な印象をもとに、いろいろな崩落の例を紹介しましたが、これらの分布と犬吠層群の岩相との関係を考えてみます。
 
 まず、崩落型の分布をみます。乏しい観察ですが、大雑把に次のようになるようです。
 (1) 断層型 : 名洗周辺から大谷津 ← 多い 
 (2) 板状剥離型 : 大谷津から飯岡 ← 多い
 (3) 鉛直クラック型 : 大谷津から三崎 ← 少ない
 (4) 小クラック型 : 大谷津付近だけ? ← 少ない
 
 これらの中で、断層型と板状剥離型が多いので、崩落の主因だと考えられます。
 一方、犬吠層群の岩相は東部(名洗)から西部(飯岡)にかけて、砂岩~砂泥互層~泥岩と変化します。
 従って、砂岩地域には断層型が、また、泥岩地域には板状剥離型が分布することになります。
 この理由として、砂岩はもろいので変形する際には断層をつくりますが、泥岩は塑性変形するので断層はできにくく、崩落も断層型以外の型で起こるためだろうと考えられます。
 このように、屏風ヶ浦の崩落は、犬吠層群の岩相によって規制されている可能性があります。
 もちろん、気象条件、波浪の状況、崖の高さ、大地の変動なども考慮しなくてはなりませんが、敢えて崩落と岩相の関係をまとめれば、次のようになります。

屛風ヶ浦_崩落分類
< 図8 屏風ヶ浦の崩落の分類 >
 
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ