銚子ジオ散歩(38) 銚子層群中の礫岩の観察 ③幻の礫岩


◆ 銚子層群中の礫岩の観察 ③幻の礫岩

▼ 
幻の礫岩(犬吠駅東側)
          犬吠駅の東側で、駐車場の造成工事に伴って、礫岩が
             
出した。
駐車場内の礫岩はすべて撤去されたが、道
           
の反対側に転石
と考えられる礫岩が残っている。
幻の海鹿島礫岩
<図1.幻の礫岩の位置>

▼ 現在の様子
                                                    駐車場内の礫岩はすべて撤去されたが、
                                                   道路の反対側に、転石と考えられる礫岩
                     が残っている。
海鹿島礫岩の転石遺構
<図2.礫岩の転石遺構>

▼ 工事開始直後の様子

工事開始直後の様子
 <図3.工事開始直後>
 
▼ 全容が現れた礫岩 

全容が現れた礫岩
<図4.全容が現れた礫岩1>

                          手前の岩体は“根のある”礫岩 であるが、
                                                     道路の反対側にある小岩体は転石である。          
全容が現れた礫岩2
     
<図5.全容が現れた礫岩2>


撤去後の様子と排水溝の工事
 
撤去後の様子と排水溝
<図6.
撤去後と排水溝の工事

 
▼ 排水溝の工事
                         礫岩の下に砂岩が現れた。 
排水溝の工事
<図7.
排水溝の工事


▼ 礫岩と砂岩の境界
             礫岩は少し砂岩を削りこんでいるが、全体の構造
             から両者は整合であり、礫岩は層間礫岩である。
礫岩と砂岩の境界
 
<図8.礫岩と砂岩の境界>

銚子ジオ散歩(37) 銚子層群中の礫岩の観察 ②海鹿島海岸

◆ 銚子層群中の礫岩の観察 ②海鹿島海岸

▼ 海鹿島海岸の様子

海鹿島海岸_Google航空写真
<図1.Google 航空写真>

▼ 岩相分布
 
海鹿島海岸_Google航空写真2海鹿島海岸_撮影図












     <図2.写真2(図1)_Google 航空写真>


                                 
                                                                            <図3.写真2の説明図>

▼ 全体の観察
 
海鹿島海岸_全貌写真
<図4.写真3>

▼ 
礫岩Aの観察_1
                  層厚は約3.5mである。
                         層理面に垂直の節理が目立つ。
海鹿島礫岩A1
<図5.写真4>

 礫岩Aの観察_2
                層理面に垂直な節理が崩落を早めている。
                    礫岩の直下には泥岩が露出する。 スケール 1m 
海鹿島礫岩A2
<図6.写真5>

 
▼ 礫岩A’ の観察
                                     
 
海鹿島礫岩A3_図解海鹿島礫岩A3











<図7.写真6>


付近の地質構造から判断すると、礫岩
A’

~4は転石で、5は“根のある
岩体であろう。  
     
                                   
                                                                     <図8.礫岩の崩壊の仕組み>

▼ 断層の観察
           礫岩AとA’は連続していたが、断層によってずれたと考えられる。
         断層の水平変位は約10mであるが、詳細は不明である。 
断層の監察_海鹿島
<図9.写真7>
 

銚子ジオ散歩(36)銚子層群中の礫岩の観察 ①黒生漁港付近

◆ 銚子層群中の礫岩の観察 ① 
 
▼ 黒生漁港付近の様子

黒生漁港_トンビ岩から北を望む黒生漁港_Google航空写真2



 
 

         

             <図1.
Google 航空写真
 
                      
<図2.
トンビ岩から北を望む

 
礫岩は、ブロック状に北北東~南南西方向に配列している。
 この方向は、本来の走向を示していると考えられる。
 黒生漁港の北にも礫岩が露出していたが、埋め立てにより、現在は観察できない。

▼ 
黒生漁港付近の岩相分布


黒生漁港_岩相分布
黒生漁港_地質図





    







         
<図3.Google 航空写真
   凡例
                                                          <図4.岩相分布図>

 礫岩の成層構造
 
                                
礫岩の下には、砂岩が露出する
一山いけす前一山いけす前砂岩










         <図5.
岩_一山いけす前>                                     <図6._一山いけす前

黒生漁港内部


成層構造(図中の点線)の方向は、ブロック毎に異なっている。
また、礫岩の下には、砂岩が露出することから、これらの礫岩ブロックは、転石であろう。



          <図7.礫岩_黒生漁港内 
 

▼ 
概念的な断面図
概念的な断面図
<図8.概念的な断面図

【補足】
  トンビ岩の南にも白亜系が分布し、北東~南西方向に褶曲軸をもつ背斜構造が推定されている。
  従って、黒生漁港付近の礫岩は、基底礫岩ではなく、層間礫岩である。

 
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ